嗚呼、中受の母

なりゆきで始まってしまった息子の中学受験。日々翻弄される母の日記。

男子校の文化祭

春は文化祭シーズン。

 

神奈川きっての男子難関中学、E光学園とS光学院の文化祭に、息子とパパが行ってきた。志望校、といえるほど息子の偏差値は伸びていないので、あくまでも学校見学のお気楽な位置づけ。昨秋のZ開成とA野に続く、男2人の男子校めぐりである。

 

パパは美しいと有名なS光の校舎と、有名建築家が手がけたE光の新校舎が見られると、ワクワクしながら出かけていった。割と建築オタクなので・・・。

 

息子の感想は・・・

 

・S光は学校全体がすごくきれい、設備がすごい

・制服が格好いい(→私には変わっているとしか見えず・・・)

・S光のお兄ちゃんたちは皆優しかった、説明も上手

鉄道研究会が面白かった

 

・E光の新校舎は吹きぬけがすごい、木の校舎は落ち着く

・E光のお兄ちゃんたちは、変人が多かった

・E光饅頭がおいしそう(→お土産に買ってきてくれた)

・うちから近くて楽勝

・制服はちょっと変

 

並べてみると低学年のような感想なのが残念だが、どちらも好印象だったのは確からしい。お饅頭は上品な甘さでおいしかった!

 

パパは両校の設備のよさに驚き、自分の学生時代をちょっぴり嘆いていた。あ~よくわかる、その気持ち。地方の公立校には決して見られない輝きを目にして、落差の現実が身にしみる。こんなに恵まれていて難関大学に入れなかったら頭悪すぎだよね、と皮肉でも言いたくなってしまう(→ますます惨め)。

 

塾の先生によると、トイレが志望校の決め手になる男子も少なくないとか・・。息子によると、両校ともトイレは十分に美しかったそう。

 

息子は、S光の鉄研でもらった切符と、E光でもらったレゴブロック(校章入り)を宝物のように、ベッド脇の窓枠に飾っている。

 

志望校、と胸を張っていえる日がくればよいなぁ。息子よ、ファイト!!

広告を非表示にする